わたしのひとりごと

お付き合いいただきありがとうございます。

女一人パラグライダー体験してきたはなし

こんにちは、ぺりですヾ(´ー`)ノ

 

突然ですがわたし、今月誕生日を迎え28歳になりました!

SNSで誕生日を公開していないので、逆に友人に「誕生日だよね?今日だよね?」と気を使わしているめんどうなぺりですが、覚えててくれて祝ってくださる友人に感謝!

 

そして、頑固娘を28年間突き放すことなく温かく見守ってくださっている両親に感謝。

 

女が生きる上で、どうしても考えることがある年頃ではあるけれど、年齢にとらわれることなく、わたしらしく笑う日々を過ごしたい。

いくつになっても歳をとることを喜べる、美しい歳のとり方をしたいと思います。

 

 

さて、いい歳なので、誕生日といっても、特に何かイベントがあるわけでもなく、、、。

でもせっかくなので、自ら記念になることをしてみようと思い、人生の夢を一つ叶えることにしました。

 

 

それはなにかというと、、、

パラグライダー体験です!!

 

 


f:id:experico:20180728105809j:image

 

パラグライダー体験しようと思った理由

空に憧れて

空~に~憧れて~♪(ユーミン

わたし、空が大好きなんです。

空が嫌いな人なんていないかもしれないけれど、あえて宣言するくらい空が大好きなんです。

 

中学生の頃、休み時間や掃除の時間の合間に自分だけのとっておきの場所で、空をぼーっと眺めてました。

 

高校生の頃、やっぱり帰りのホームルームや休み時間やサボったときに、生い茂る木々の隙間から空を見上げて転がってました。

誰よりも早く学校を出て電車に乗り、地元のデパートの屋上で夕暮れを見ながら過ごす特別な時間。

 

大学生の頃は空をテーマに詩をかくほど(笑)、とにかく空に恋い焦がれていました。

 

ひとり旅の広島で、仙台で、石垣で、見上げた空の青さが忘れられない。

 

そんな風に、いつもいつも空に助けられてきたからか、なんとなく、「いつか自分の力で空を飛びたい!」と思うようになっていました。

 

パラグライダーでも、ハンググライダーでも、気球とかでも良かったんです。

飛行機みたいな大きな動力を持たない、肌で風を感じられる飛行体験をしたかったのです。

 

やりたいことリストの最初に出てきたから

多くのブロガーさんが書いている、「人生でやりたいことリスト100」をわたしも作ってみました。

100個あげるのはなかなか難しく、まだ半分くらい(叶えていることもある)なんですが、その1番最初に挙がっている夢が「パラグライダーで空を飛ぶ」でした

 

完成途中のリストを見直してみて、

(これ、、、ひとつめのパラグライダー、、、すぐにできるんじゃない?

なんかもう、「いつか」と言わずに、とりあえず今すぐやってみればいいんじゃない??)

 そう気づき、早速ネットから体験コースの予約を入れました!

 

こうやって、やってみようと動けたのも、やりたいことを書き出したおかげだから、やっぱり自分の中で整理することは大事なんだと思います。

 

パラグライダー予約から体験まで

予約方法

今回、asoview!(アソビュー)という様々なあそびをネット予約できるサービスを利用しました。

asoview!(アソビュー)|レジャー・遊び・体験の予約サイト

 

パラグライダー体験施設は埼玉や群馬、栃木など関東近郊にもたくさんあります。

わたしは、「東京にすごく近い」というワードから、西東京パラグライダースクールさんのタンデム(二人乗り)コースを予約しました。

 

www.asoview.com

予約完了メールを受信したら、当日を待つのみ!

ちなみにお値段は、タンデムコースで9,000円でした。

 

次に、当日の持ち物や注意事項を確認しておきます。

 

持ち物と注意事項

持ち物

持ち物はこちらの施設では以下の5つ。

  • 保険証
  • 運動靴, トレッキングシューズ
  • 動きやすい服装(長袖長ズボン)
  • 軍手
  • 昼食

 

  • 保険証

保険証は万が一怪我をしたときのため必要だと思われます。特に確認はされませんでした。

 

  • 運動靴

パラグライダーは着地の際に衝撃を受ける場合があるので、おしゃれなローテクスニーカーよりも、クッション性のあるスポーツ用がおすすめです。

わたしはasicsのランニングシューズを持っていきました。

 

  • 動きやすい服装、軍手

安全のため、服装は長袖長ズボンです。軍手も必須。

7月上旬、当日の最高気温は33度でしたが、直射日光を浴びないためか、そこまで暑苦しさは感じませんでした。

 

  • 昼食

そして多分みなさんが気になった(?)昼食の項目。

体験当日は最寄りのJR中央本線四方津駅に9時30分集合です。

そこから車で送迎があり、施設に向かうのですが、到着したらすぐ体験!というわけにはいかないのです。

 

フライトは当日の天候や風のコンディションにより左右されるため、午前中に飛べないどころか、夕方まで待つということも結構あるそうです。

 

また、四方津駅は小さな駅で、付近にコンビニはありません。

そのため、四方津駅に着く前に調達しておく必要があります。

わたしはサンドイッチ類を持っていきましたが、施設のなかには冷蔵庫や給湯器がありましたので、お弁当やカップ麺でも良いと思います。

飲み物は自動販売機が設置されていて現地で購入可能です。

 

注意事項

上記にあるように、風のコンディションによっては数時間の待ち時間があります。

 

わたしの場合は9時30分頃には施設に到着し、フライトしたのは13時40分頃でした。

テイクオフするポイントと、着地のランディングポイントの風向きの関係などから判断します。

 

友達同士で参加するにしても、待機時間が長時間にわたる場合もあるので、時間を潰すためのものを何か持っていった方がいいです。

 

終了しても駅までスクール生の方をまとめて送迎する場合があり、すぐに帰れるわけではないので、他の予定を入れるのは避けた方が無難です。

 

風のコンディションによっては、最悪の場合待ったあげくフライトできないということも出てきます。

そのときは返金となりますが、交通費までは負いかねるので、直近のブログなどをよく読んで予約すると良いと思います。

 

 また、タンデム体験はベテランのパイロットスタッフとの二人乗り飛行で基本的には安全です。

しかし、パラグライダーは空を飛行するという、日常ではありえない体験をするスポーツですので、必ずしも安全だと言い切ることはできません。あくまで自己責任です。

スタッフの指示を守り、無理をしないことが大切です

せっかく来たんだからと無理を強いるのはやめましょう。

 

当日の体験の流れ

車やバイクで直接現地に向かわない場合、JR中央本線四方津駅(山梨)に9時30分集合となります。

しかし実際には、予約時に届くメールに「平日の下り電車を利用の場合は9時8分着に乗るように」とありました。

JR中央本線は本数が少ないので、気を付けましょう。

 

無人の改札を抜けると、もう、何もありません(笑)

山ばっかり。いいお天気で気持ちいい!


f:id:experico:20180728184138j:image

 

しばらく待っていると、普通の乗用車で送迎がありました。

 

到着するとまず、入山記録を付け、当日の注意事項などの書かれた書類に署名をします。

簡単な流れの説明を受け、料金を支払います。こちらはクレジットカード不可ですので、現金をお忘れなく。

 

風のコンディションを確認している待ち時間は自由行動です。

別で着替えを持っていく場合はロッカーを使用できるので、風がよくなったらすぐ動けるように早めに着替えておきましょう。

 

わたしは一人参加でしたので、送迎で一緒になったフリーの方やスタッフの方々とお話しながら過ごしました。

途中、下見と称してテイクオフポイントとなる場所まで車で連れていってもらいましたが、道中かなりぎりぎりな山道でかなり揺れる、、、!


f:id:experico:20180726201258j:image

正直フライトよりもこの山道のが怖かったです(笑)

絶叫乗り物が苦手なわたし、ぎゃーぎゃー騒いでました、、、。

 

 

一旦戻って、簡単に昼食を済ませます。

(初対面の人たちと昼食をとりながらテレビで昼のニュースを見るっていう、かなりシュールな図。)

まだしばらく無理らしいということで、その日3時から起きて日本対ベルギー戦を見ていたわたしは仮眠をとらせてもらいました(笑)

 

13時すぎ頃うっすら目を覚ますと、、、

「今、良い感じだから、20分くらいこのままならいけるよ!」

 

き、き、きたー!ついにこの時が!!!

 

みんなで車に乗り込みテイクオフポイントへ。

スタッフの方がランディングポイント(着地点)へ戻る間、各自準備を進めます。

 

ポケットなどに物を入れていると落とします、必ず確認しましょう!

ヘルメットを被るので、おだんごやアップヘアは避けましょう。

 

タンデムパイロットがランディングポイントにいるスタッフと無線で風向きを確認、コースを決めていざテイクオフ!

 


f:id:experico:20180726193348j:image

 

この、右下のあたりの地面を、写真には写っていないななめ下に向かって

「急に重くなるけど、思いっきり駆け出してね!」って、、、

 

怖くね??

って思ったけど、もう、ぺりは腹をくくった!

 

「いっ!!!けえええ~~~!!!」時をかける少女風)

 

だんっ、だんっ、だっ、、、、ぐわあっ!!!

 

って感じに!体が!

浮いたあ~!!!

 

わたし、飛んでる!飛んでるよ~~~!!!

 

前を向けば空の青が、下を向けば山の青が、壮大な自然がわたしを待っていた~!

 

いやあ~、もう、ね。

感動で泣けました。

 

飛行に慣れてくると、パイロットの指示にしたがって、右に左に体を傾け方向転換。

鳥になって翼で風を切っているみたいです!

 

き、気持ちいい、、、!

 

遠くの方に富士山も見えました。

風が気持ちよくて爽快!

その日は上昇気流にも乗らせてもらい、大感謝、、、。

 

 

ランディングポイントが近づき、空中で駆けるように腰を立たせ、無事着地。

直後に全身の力が抜けて、そのままこけました(笑)

 

まとめ

着地した途端、

「もう一回飛びたい、ずっと空にいたい!」

そう思うくらい、病み付きになってしまいました。

 

7月は、空の入道雲と山の緑が堪能できる季節ですごくおすすめです。

暑いのが苦手な人は5月頃かなあ。

わたしは暑いのが大好きな変態なので、日焼け止め塗ってテッカテカになりながらやりました(笑)

 

一緒に行動したフリーの女性がとても気さくな良い方で、帰りの電車でも、パラグライダーのこと、今までにやってきた趣味のこと、女ってこうだよねなこと(笑)いろいろ教えてくださって、もっとパラグライダーやってみたいなって思いました。

またお会いできるといいなっ!

 

とりあえずまた紅葉の頃にタンデムか、そのままスクール入校か、どっちかやろうと決めてます!

 

今回お世話になった西東京パラグライダースクールでは、タンデム体験した人は、1年以内に入校するとスクール入会金10,000円が1,000円になるそうです

 

スタッフの方はとても気さくで、話題も振ってくれるし、気まずい時間が全然なかったです。

前から知ってる人みたいな、くだけた雰囲気でした。

とても良くしていただけて、ここに決めて本当に良かった!

 

 

 

「パラグライダー、気になってたけど、ちょっと勇気がでない、、、」という方。

わたしもずーっとそうでした。

でも、本当に、こういうのってやったもの勝ちです!

勝ち負けではないけれど、自分から動かないと見れない景色がそこにはありました。

 

わたし、人生でやりたいこととか、叶えたい夢とか、実はそんなにない(笑)

こんな仕事したいとか、あんまりない。

だから遊びは思い切り楽しむと決めました。

 

やりたいこと、立派なこととか役に立つことじゃなくてもいいんです。

空を飛ぶでも、全然構わないです、自分が心からそう願っているなら。

くだらないとか、それがなんになるとか、言ってくる人もいるかもしれない。

 

でも、思いきって飛び込んでみて、

「わたし、夢を叶えましたー!」って言えることで、自信がつくし、自分をもっと好きになれる、心が豊かになる、そう思います。

 

 

 

 

以下は、西東京パラグライダースクールの情報です。

直接問い合わせにくいことなど、何かわからないことがあれば、わたしでよければお答えしますヾ(´ー`)ノ

 

お付き合いいただきありがとうございました。

 

 

  • 半日体験コース 6,000円

インストラクターのサポートで浮遊体験。

自分の力で風に乗って、ふわりと浮かび上がる感覚を楽しめる半日体験のコース。

高いところが苦手な方におすすめ。

 

  • タンデム(二人乗り)体験コース 9,000円

ぺりが体験したのはこちらのタンデムコース。

経験豊富なベテランのパイロットスタッフと一緒に鳥になった気分で空中散歩♪

本格的なフライトを体験したい方はこちら。

 

  • セットコース 12,000円

浮遊体験とタンデムの両方を楽しめるお得なコースです!

欲張りたい方に(笑)

ちなみにこちらは体験後1年以内のスクール入校で入会金0円です。

 

 

西東京パラグライダースクール

住所:〒409-0136 山梨県上野原市桑久保843

アクセス:最寄り駅 JR中央本線四方津(しおつ)駅」

中央高速「上野原IC」から15分

電話番号:0554-66-2556

HP:パラグライダー 関東で体験 | 東京に近い西東京パラグライダースクール

定休日:水曜日(祝日の場合は営業、翌日木曜日休業)